忍者ブログ
一進一退、意味不明。
<< 06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
[491]  [490]  [489]  [488]  [487]  [486]  [485]  [484]  [483]  [482]  [481
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、遅くなりましたが、一回書いたけど、消えてイヤになってそのまま放置してましたが。
いい加減忘れそうなので。

段々特定されそうになっている、真夏日の地元を「春コートが邪魔」と言いつつ、出たのが3日です。この日は写真を撮っていませんでした。12時50分の「のぞみ N700系」。

お弁当を買って乗車するつもりでしたが、ぎりぎりランチタイム開始時間に駅に着いたので、高●屋のカフェでコーンスープのパスタメインのカフェランチを食べてから、乗車。

もっと濃厚なのを予測して、デザートセットの追加オーダーはしなかったんだけど、意外とさっぱり食べられた。ここはデザートこそが美味しいのですが、まぁ、腹8分目でやめておいて、後々正解。

予定通りの新幹線に乗って、みんなとは携帯で連絡取り合いつつ、横浜あたりまで完全に熟睡。
N700系、いいです!新幹線と言うと、「キーン」という不快な音や、ずーっと続く微妙な横揺れに腰を痛めるんだけど、それが極限まで押さえられていて、座席も広くて、居住性抜群。
後、携帯もよく入る。思わず感動して、帰りの新幹線もN700系にしてしまった。

問題なく東京について、東京のあまりの寒さに驚いて、コートを鞄から引張りだしてみたり。
寒くて駅でみんなを待つ気力もなく、さっさとホテルに退散してチェックイン。
荷物を整理していたら、K野さんが初日の戦から生還したので、後はFゆきさんとE本さんを待っていたら、「アンパンマン前にいます」とメール。

待っていてもらって、Fゆきさんのかわうそテクニックに爆笑しながら合流して、行ったのはここです。

本当はもっと違うところと思ったのですが、貸切でクローズされていて開いてなかった。

で、初めて行ったけどよかったです。
夕ご飯には微妙な16時、ノンアルコールカクテルだけにしておきました。

ふゆきさんは、アンチョビガーリックピザをオーダーしたので、一切れもらってみたり。
野菜のフライがちょっと気になったのですが、本当に時間が微妙だったのでやめておきました。

明日のこととか、簡単に打ち合わせて、一回解散。

K野さんとはここでお別れして、私たちは夕ご飯へ、顔ぶれが顔ぶれなので、シンガポール料理をチョイス。
美味しかったけど、辛かった。
シンガポール料理って、こんなに辛かったかなぁ…。
コースの最後の方では胃腸に怒られて、頻繁に中座する私(爆)
なによりも、冷房が効きすぎて寒くて仕方ないんですよ、熱くて辛いスタミナ料理を食べているのに、店の中でコート着てましたから、私…、でも、鶏好きにはたまらない感じです。
美味しかった~、鶏飯~。

アンカービールとかもあったけど、寒かったのでパスです。

ご飯を食べて、VIE DE FRANCEで明日の朝ごはんを買ってから撤収。

余談ですが、ふゆきさんが21時前には布団に入って寝てしまったので、その後の時間をこっそり持て余してみたりしていました。

それまで、3時とか4時とかに寝ていた身には、9時はちょっと、いくらなんでも眠れん。
いや、一緒になってとろんとしていたんですよ、8時ぐらいまでは。

でも、シャワー浴びたらすっかり復活してしまった…。
この時点では、仕事の疲れも影響なく、割と元気だったのですが。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
★ フリーエリア
★ カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
★ お天気情報
★ カウンター
★ 最新コメント
[01/07 へのへのもへじ]
[01/06 元/相方]
[01/02 BISMARC]
[12/09 ばいおば]
[11/18 E本]
★ バーコード

Copyright (c)Black Box All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]