忍者ブログ
一進一退、意味不明。
<< 05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>
[275]  [274]  [273]  [272]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

翌朝7時。
朝食をルームサービスにしておいたので(どこまでも動きたくない奴ら)、ルームサービスに起こされて(笑)朝ごはん。
コンチネンタルはいくらなんでも寂しいので、アメリカンを選択したのですが、食べ切れません。(ごめんなさい)
食べながら、籠山盛りのハイアット自慢のパンをティッシュに包んでは紙袋に放り込み、お昼ご飯に横流ししました(爆)
ええ、食器を取りに来たルームサービスがきれいになった皿を見て、「大丈夫ですか?量は多くなかったですか?」と心配してくれました。
ごめんなさい、それは胃袋ではなく、紙袋に入っていたんです(爆)

そんなこんなでご飯を食べて支度して、手荷物の運搬のためにベルを呼んでからベルと一緒にフロントへ。

今回ベル、欧米人が多かったです。

いつもはフロントサービスにチャイナ/コリア系はよく見かけるけど、本気で欧米系が多かった。
日本語は流暢だったけど、マニュアルにない日本語対応はできないみたいで(笑)
突っ込めないし、情報交換できないのが寂しい(笑)
ハイアットのベルとは、いつもエレベータの中で、レストランの混雑状態や、翌日のチェックアウトの混雑見通しなんかを情報交換するのですが、今回は帰りのベルが日本人だったので、早速ハイアットのシャトルバスの予約方法を効くと「前のバスが出たら次のバス」の整理券を配りますと言われて、ちょっとうんざり。
宿泊者の予約先着制にすればいいのにと言ってみたり(苦笑)←ここ伏線

さて、イベントです。
イベントそのものは…ぶっちゃけ寂しかった。(え?)
帰ってこないんだもん、出たきり組が(大笑)

でも「もしかしたら、この人はあの人?」と思っていた方がやはりそうだったり(美味しいお菓子ありがとうございまーす)、出るイベントが違って普段イベントでは全く会えない方に会えたり、幸せでした。
私、このジャンルに来て始めて、「撤収の挨拶」で自分のスペースから離れましたよ;;;ヒキコモリも大概にしないとねぇ…(汗)

で、話を戻してイベントですが。「帰ってきて~」の一言に尽きるかも。
13時撤収開始と伝えなかった私も悪かったのですが、インテックスはホール間移動が大変なので、他のホールに行くと時間だけがかかってしまうんですよね。
で、結局色々あって、会場を出たのは14時でした。そこからハイアットに戻って、クローク止めしていた荷物に色々追加して入れて、クロークのおばちゃんに「いつも大変ねぇ」と慰められて、思わず「こんな生活もうやだ」とこぼしたりしていたら、15時のシャトルバスの整理券争奪戦に負けました。(伏線回収)
はじめに整理券争奪に行かなければいけなかったんです。

次は16時の便です。と言われて、とりあえず16時の整理券争奪戦には成功。
ついでに昨日お世話になった欧米系のベルボーイを見つけて、タクシーはどうか?と聞いたら、「16時 ノ バス ガ 一番 早イ デス。今日ハ タクシー 全然 ダメ デス。1時間半前ニ 電話シタ タクシーガ マダ 来マセン」と、欧米人は「申し訳ない顔」がウマいんだよなぁ(笑)

仕方がないので、お茶と思ったら、どこもまた「50分待ち以上です」と、無情の返事。
50分待っていたら次のバス来るじゃない(笑)

座る場所もなく途方にくれていたら、ベルがこそりと教えてくれました。
「15時からバーを臨時営業します。簡単なお飲み物と軽食ならご用意できます」
よし、それだ!と。開店直前のバーに逃げ込みました。
すぐに座れて軽食をオーダーしたのですが、すぐに満席になってしまい、テンパるスタッフ(当然だろう、普段はまたりしてるんだから)、対応できないのでケーキセットでお願いしたいですと言われて、結局ケーキセットになりました。
いや、作るのは同じ場所なんで、美味しかった。ケーキ(笑)。

本日の教訓。
予約可能なものはコンシェルジュを通して、チェックアウト時に全て予約するべし。

でも、暑いの我慢して、カジュアルではなくサマースーツを着ていって正解。
スーツ姿だと、割と「耳打ち」をよくしてもらえるんです。

なんだかんだと、無事に(?)南港を脱出して、梅田へ戻りました。
そのまま帰りのチケットを抑えて、18時には新大阪脱出。
やっと一安心だねぇーと、駅で買った駅弁を開けて食べていた時に、最後の事件が。

携帯に普段電話してこない遠方の従姉から着信が!びっくりして取ると、
従姉:「あ、○○ちゃん?おかあさんどこ?」
私:「家に電話しました?」
従姉:「電話したけど出ないのよ~」
私:「…単純に聞こえてないんですよ、それ(耳が遠い)。私、さっきメールで連絡したから、いますよ。携帯にメール打つほうが」
従姉:「そんな悠長なこと言ってられないの!あのね、(ものすごい遠縁の親戚の名前)さんが亡くなったの!」
私:「はぁ…そう言われましても、実は私…」
ここまで言ったところで、新幹線のアナウンス(間もなく京都に到着します)が入る。
従姉:「…旅行中?」
私:「はぁ、新幹線の中です。あの、私からメール打って連絡させますから、お待ちいただけますか?」
従姉:「早くね、後一時間でお通夜だから」(ちょい待て、連絡遅い!)

で、私から母にメールを打って、後はなしの礫。
どうなったのかと、イライラしていると、片頭痛が始まってどんより(やはり犯人はストレスか;;)、お別れもそこそこに新幹線を降りてすぐに自宅へ電話。

自宅は自宅で大騒ぎで。
とにかくすぐに帰ってきなさいということで、慌てて帰ると、母から一言。

「あのね、実は遠すぎてほとんど関係のない人なの」と、いや、そんな気はしていたのですが(苦笑)
「でも、話し合いで決まって、今すぐ香典を送らなきゃ、なの。どうしよう?」
「…現地にいる人たちに立て替えてもらってください…、日曜の夜、しかも通夜開始1時間前に電話してくるほうがおかしい。例え今飛行機が取れても、今日中に行くのは無理だし、明日朝1に出たって、告別式には間に合わないんだから」(それぐらい遠い)
こんな話をしている頃、最寄の空港はバードストライクで閉港になっていました(笑)

まぁ、そんな感じで最後にオチがついていたのですが(苦笑)
なんとか二日間、無事に終わりました。

色々な方にお世話になりました!本当にありがとうございました。

いや、ま。親戚からの電話が大阪を出た後で本当によかったです(爆)
伊丹からなら余裕で間に合ったからなぁ…。

で、地元に帰ってきた瞬間、あまりの涼しさに力が抜けました。
…やはり亜熱帯化しているよ、大阪!(二日間通じて死ぬほど暑かった)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
★ フリーエリア
★ カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★ お天気情報
★ カウンター
★ 最新コメント
[01/07 へのへのもへじ]
[01/06 元/相方]
[01/02 BISMARC]
[12/09 ばいおば]
[11/18 E本]
★ バーコード

Copyright (c)Black Box All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]